太陽とSUN

特に好きでも嫌いでもなくても、道を歩けば
またはTVやラジオから流れてきて
勝手に耳に入って来る歌たち…

いわゆるJ-POPってやつ?
ジャンルは拘らないんですけど、とにかく歌。

ぼぉーっと聴いてると、タロットのカードの内容そのものな歌が
流行ってて、時々ビックリすることがあります。

数年前だと、嵐のワイルド アット ハート。
あの歌詞は「愚者」そのもの。
意味を忘れたら、あの歌を歌ってみればいいw

 

一昨年、タイトルで 「んっ!?」と反応し
歌詞を見て鳥肌立ったのが、星野源のSUNだった。

もうね、本当に「太陽」なんですよ。
歌詞の1行目が前のカード「月」の流れになっていて、
それを受けて「太陽」の世界が展開されていくの。

太陽の光を受けて、自らもこの世界で輝く。
それは決して永遠じゃなく、いつか終わるものと
承知した上で 今を謳歌する。

 

ホントすごいよ、表現者の感性って!
最初から意識して作ったの? とか思ったよ。

 

バナナマン日村 42歳誕生日の歌 を聞くまではねwww

 

日村 → sun village → SUN  だって( ;´ー`)

 

「偶然は必然である」って言うし、そういうことなのでしょうw

タイトルで引っ掛かるものがあったら
歌詞を読んでみると、こういう面白い発見があるのよ。

ひとり遊びも たーのしー♪ ( ´ω`)